ハウスダストアレルギー 遺伝 確率

ハウスダストアレルギーの遺伝する確率

スポンサーリンク

ハウスダストアレルギーは遺伝的要素を持っているので、両親がどちらもアレルギーだったり、どちらか一方がアレルギーでも子供が同様の悩みを抱える確率があります。
その疑いがある場合の対処法についても説明します。

 

 

【ハウスダストアレルギーの遺伝確率】
ハウスダストアレルギーは、両親がどちらもアレルギーを持っている時には50%の確率で子供にも遺伝します。
研究成果によっては70%という確率で遺伝するという発表もあるほど、高確率で同じ悩みを抱えることが検証されています。

 

 

一方、両親のどちらかだけがハウスダストアレルギーの場合、子供は30%の確率で遺伝するという検証結果が出ています。
いずれにしても、ハウスダストアレルギーは遺伝的要素が存在するという結論が出せます。

 

 

【遺伝している疑いがある場合の対処法】
もしもハウスダストアレルギーが子供にも引き継がれているという疑いが日常生活から垣間見えるのであれば、できるだけ早期に医療機関で検査を受けましょう。
そのまま放置していても、不快な思いをさせるだけです。

 

 

鼻づまりが酷くなると集中力にも影響しますし、学習にもマイナスとなるはずです。
確率的に遺伝していると判断されるようであれば、本当にハウスダストアレルギーの影響があるのかを調べるべきではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【子供の生活を快適にする配慮】
子供がハウスダストアレルギーに反応するようであれば、すべきことは至ってシンプル。
部屋を綺麗にすることを心掛け、できるだけ埃が多い環境を避けることです。
車のシートなどもきちんと掃除をするだけでも、不快な思いをする確率が低下します。

 

 

遺伝的要素を恨むのではなく、どうやって上手に付き合っていくべきなのかを考えると、おのずと答えははっきりします。
自分が悩んできた経験がある場合には、同じ轍を踏ませない配慮が必要です。

 

 

ハウスダストアレルギーは親から子供に引き継がれる可能性があります。
それは両親どちらも同じ要素を持っている場合と、どちらか一方だけという場合では確率が異なります。
いずれの場合も疑わしきときは医療機関で検査を受けるべきです。

スポンサーリンク