ハウスダストアレルギー 数値 レベル 6 5 4

ハウスダストアレルギーの数値レベルが4・5・6の人は要注意

スポンサーリンク

ハウスダストアレルギーの数値は、血液検査によって調べることができます。
0〜6まで7段階のレベルが存在し、数字が大きくなるにつれてアレルギー反応を起こしやすいという評価が行えます。
ですから、4・5・6といったハイリスクの人は注意が必要です。

 

 

【アレルギーの有無は血液検査で判断】
ハウスダストアレルギーをはじめ、アレルギーの有無を調べるときに血液検査を行うのですが、そこではIgE抗体の濃度を確認し、アレルギー陽性・陰性を把握します。
その段階は0から6までの7段階のレベルに分けられ、それによって反応しやすい傾向までも患者に伝えることができます。

 

 

アレルギーの数値はIgE抗体の濃度が0.34(UA/ml)以下の場合には陰性です。
それ以上の数値になると擬陽性・陽性という反応へ移行し、レベル4はIgE抗体の濃度の濃度が17.50〜49.99(UA/ml)、レベル5は50.00〜99.99(UA/ml)、レベル6は100(UA/ml)以上という分類が成されています。

 

 

【数値の高さがハウスダストアレルギーの重症度ではない】
いくらハウスダストアレルギーのIgE抗体の濃度がレベル4・5・6というクラスだからといって、それが「重症である」という判断にはなりません。
あくまでハウスダストアレルギーに反応しやすいという傾向であり、これからの生活で気を付けるべきものであるという考えに繋がります。

 

 

ハウスダストアレルギーがレベル4・5・6だったとしても、慌てることはありません。
薬で反応しないようにコントロールすることができるのであれば、たとえ数値がレベル4・5・6だったとしても、快適な生活を送ることが可能です。

 

スポンサーリンク

【診断後の行動が生活を左右する】
ハウスダストアレルギーという診断が検査の数値から把握できたのであれば、その後の生活で気を付けるべきことは決まっています。
それは、アレルゲンに触れないように配慮するかと、反応しないように体をコントロールするかの2点です。

 

 

ハウスダストアレルギーがレベル4・5・6とわかったのであれば、日常的に反応しやすいという傾向は誰にでも理解できます。
だからこそ、薬の力を借りて体質をコントロールするべきなのです。

 

 

ハウスダストアレルギーの傾向は血液検査を行い、IgE抗体の濃度を調べることで陽性・陰性が判断できます。
数値の見方がわかっていれば、誰でも反応しやすい傾向がわかるのです。
結果が出た後は日常で気を付ける点を考えて行動することが大切です。

スポンサーリンク