室内 埃 原因

室内の掃除をしても埃がすぐに出てくる…その原因とは!?

スポンサーリンク

いくら掃除をしても出てくる埃。
昨日掃除したばかりなのになんで今日もあるのだろうと思っている人は非常に多いと思います。
どのような原因があるのかを紹介していきたいと思います。
埃とはハウスダストのことでハウスダストとはほこりやダニ、カビ、人の毛やフケ、ペットの毛、綿ぼこり、外からの砂や土、花粉などさまざまなものの総称です。
ほこりと想像してもらえばわかる通り、灰色の綿のようなものです。
綿のようなものですのでやはりその大半は綿ぼこりで出来ていると言ってもいいでしょう。

 

その大元をなくせばいいのです。
その大元とは衣類、布団やソファ、タオル、バスタオル、絨毯、カーテンなどの布製品です。
これらのものは部屋の中の至る所においてあると思います。
それをしまいましょう。
クローゼットや押し入れなどに収納してしまえば綿ぼこりは発生しにくくなります。
どうしても使用する時などに出てしまうのですが着るときや使用する時は外ではたけば着替える際の綿ぼこりは軽減できます。

スポンサーリンク

ソファやクッションなどは布製品から革製品に変えることによって効果が期待できます。
外から帰ってきた際にも同様で、着ている服などに花粉や車の鉄粉などが付着していますので玄関や外で汚れ落としやコロコロなどを使って落としてしまいましょう。ペットの毛もこまめなシャンプーをしてあげることやブラッシングをすることによって減らせます。

 

風の強い日は外から土や砂が入ってきますので、換気をする場合には注意が必要です。
しかし換気をして部屋の空気を循環させなければ、循環していない場所にほこりは溜まっていきます。
これらのことに注意しながら過ごしたり、こまめに掃除をすることによって完全になくすことは出来ないまでも少なくすることは可能です。
やはり普段からの掃除は必要なものと言えます。
埃はアレルギーの原因ともなり、その中には1gあたりダニが3000匹、カビの胞子が100万個潜んでいると言われています。
これを聞けば掃除をしたくなると思います!
頑張りましょう!!

スポンサーリンク