埃 部屋 病気

部屋の埃を吸い込むと病気になる?その種類とは??

スポンサーリンク

誰の家でも存在する埃ですが、放っておくと病気になってしまう恐れがあります。
部屋をいつまでも掃除しないでいると悪いものがどんどん増えていきます。
まず埃とはどのようなものかを見ていきましょう。

 

ホコリの中身はダニやカビ、人のフケや髪の毛、ペットの毛、花粉、食事の際の食べこぼし、服や布団からの綿ぼこりはなど、さまざまなものがあります。
ホコリ1gの中にはダニが3000匹、カビの胞子が100万個あると言われています。
1gでこの状況ですのであまりにも溜まっているとその倍、その倍と増えていきます。
考えるだけでも恐ろしいですよね!!

 

どのような病気になってしまう可能性があるのかをお話ししていきましょう。
よく聞くのはハウスダストアレルギーのです。
他にも喘息や肺炎、あまり耳にしませんが真菌感染症と呼ばれるものは皮膚や体の中にはカビが生えてしまう病気もあるそうです。
ニキビの原因となったり、集中力がなくなってしまうようなこともありますので掃除をするということがいかに重要かがわかります。

スポンサーリンク

どのように掃除をすればいいのかについても紹介していきましょう。
まず埃などのハウスダストの大半は綿ぼこりです出来ていますのでその原因を絶ちましょう。
綿ぼこりは布製品から出ます。

 

衣類や布団、カーテン、ソファ、タオルなどさまざまな布製品が家の中には存在します。
それをタンスやクローゼットの中にはしまったり、布製品を革製品に買い換える等の対策をとりましょう。
布団を干す時には強く叩くと中の繊維が傷ついてしまい、余計に綿ぼこりが出てしまいますので、優しくなでる程度にしましょう。

 

掃除をする時には上から下へ行うことも大切です。
上の埃は舞い上がると下に落ちていきますのでまずは天井をハタキなどで叩き、その次に照明というような順番で行うのが効果的です。
窓を開けて換気をすることも大切ですが、空気清浄機を使ってもいいかもしれません。
空気清浄機を設置しても完全に取りきることはできませんので、やはりこまめな掃除が重要です。

スポンサーリンク